求人サイト 株式会社三輪器械

ヒトを見る

先輩に聞きました <営業部 営業サポート>

営業部 営業サポート
K.M.さん
入社2年目

入社動機は?

就職活動初期の頃は「人に関わる仕事がしたい」と大まかな希望があったのですが、就職活動が進むにつれて「人を支える・サポートする仕事に就きたい」と考えるようになり、それが叶えられる事務の仕事を中心に探すようになりました。様々な業界の説明会に参加しましたが、特に注目して見ていたのは説明会にいらしてた「人」の雰囲気です。事務としてどんな人たちをサポートするかが重要だったので、特に人を注意深く見るようにしていましたね。「三輪器械」はその中でも特にフレンドリーな雰囲気がありました。私が参加した説明会では営業の方が2名と、事務の方が1名いらしてたのですが、とても仲が良さそうで、そこから「きっといい会社なんだろうな」と思うようになったんです。

入社して驚いたことは?

事務の仕事とは言え、医療に関する知識はきちんと身に付けなければなりません。特に事務の仕事は直にお客様の現場や商品を見る機会が少ないので、例えば営業さんから「あの製品を探しておいて」と言われたらネットで調べたり、自分から質問して疑問を埋めていくことが大切です。

私は、営業サポートの仕事とは営業さんたちの「スピードを決める仕事」だと思っています。営業さんからの「見積もりを作っておいてほしい」ですとか「この商品の納期をメーカーさんに問い合わせておいて」といった依頼に対して、私たちがスピーディに応える事で、営業さんも素早く次の行動に移せます。その結果、商品を待っているお医者様や、その先にいる患者さんの助けになります。「人を支える仕事がしたい」と考えていた私にとって、三輪器械の仕事は本当にやりがいのあるお仕事ですね。

一方で、何かトラブルがあって逆に仕事が遅れてしまえば、それだけ多くの人に迷惑をかけてしまいます。医療業界に携わる以上、その遅れが重大な事態に繋がることもあるので、常に緊張感を持って仕事に臨まなければいけません。今は6名の営業さんを担当していますので、次々と仕事が入ってきます。その中でいかに優先順位を決めて、効率よく仕事を進めていけるかが重要ですね。お陰で処理能力・スピードは速くなったし、自信が持てるようになりました。

将来の夢や目標は?

よりスピードを高めたり、より営業さんから任せてもらえるように、知識を身に付ける事が目標です。今、営業さんから「あの商品を頼んでおいて」と頼まれても、詳しくその商品について尋ねないと動けないのですが、より知識を身に付けることで「あっ、あの商品のことだな」とイメージできるくらいにはなりたいですね。知識を身に付けることは営業さんとのやりとりがスムーズになるだけでなく、お客様から問い合わせが入った時にも役に立ちます。先ほども話に上がりましたが、事務という立場上、商品を直接見る機会は多くありません。ですから、時間を見つけては営業さんにお願いして商品を見せてもらったりして、扱う商品のイメージを持つという事が非常に重要になってくるかなと思います。もっとスピードを上げて、もっと多くの営業さんの役に立ちたい。それが今の目標ですね。

先輩からのメッセージ

私にとっての入社の決め手である「働く人の良さ・雰囲気の良さ」は保証します。本当に人が良い会社なので、分からないことは教えて貰えるし、困った時に助けて貰えるし、この人達の助けになりたいというモチベーションにも繋がります。また、事務の仕事ではありますが、医療業界ならではのやりがいもあります。人の助けになりたいという気持ちが、目の前の営業さんだけでなく、その先の医師や患者様の助けになるので、とても頑張り甲斐がありますよ。

インタビュー動画はこちら