求人サイト 株式会社三輪器械

ヒトを見る

先輩に聞きました <一般医療部>

一般医療部
O.Y.さん
入社2年目

入社動機は?

就職活動の時「何か世の中の役に立つ仕事がしたい」と想い、出会ったのが「三輪器械」でした。私の大学での専攻は経営工学。ですから特に医療に関する勉強をしてきたわけではありません。でも、社会へ出て働くからには何かの役に立てる仕事がいいなと、製薬会社や医療機器メーカーをはじめとした医療業界を中心に、何社か選考を受けさせて頂いていました。その中で三輪器械とご縁があって、今に至ります。私の地元、愛知に拠点を置き、医療機器の商社として多くの実績を持つ三輪器械は私の希望通りの会社でした。

入社して驚いたことは?

私が所属している「医療部」という部署は医療機関で使われる様々な消耗品や機器を取り扱う部署です。弊社が強みとしている「内視鏡」の取り扱いはもちろんのこと、注射器の針1本やガーゼなどあらゆる商品をメーカーから取り寄せ、提案するのです。この仕事で大事なのはニーズをリアルタイムで掴むこと。営業として当然のように思われるかもしれませんが、私たちが相手にしているのは医療の現場ですので、「急患がみえたから、今すぐこの器具が欲しい」「明日までにこの商品を、これだけの数量用意してほしい」といった急を要するニーズが多いのです。

こうしたスピードが求められる仕事ですので、お客様との関係の構築はもちろんのこと、メーカー様との連携も非常に重要です。お客様の希望する納期に間に合わせるため、どのメーカー様なら在庫があるのか?どのメーカー様の商品なら予算内に収められるのか?といった事も常に考えなければなりません。私たちの仕事の先には、私たちが提供する商品を心待ちにしている「患者様」がいるのですから。

将来の夢や目標は?

先ほどもお話しした通り、私たちの部署が取り扱う商品の幅はとても広いです。一方で、これだけ商品が多いわけですから、器用貧乏になってしまわないように、『自分の得意とする分野』を見つけていくことも重要じゃないかと実感しています。特に今、弊社ではそれまで取り扱いがなかった「抗がん剤」に注力していこうという方針があり、私自身も抗がん剤について勉強する機会を頂いています。これを機に抗がん剤の分野を私の強みとしていけたらなと考えています。こうして身に付けた知識が提案に活かされ、お客様から「ありがとう」と感謝される場面も少しずつ増えてきました。まだまだ未熟な部分はありますが、こういった喜びをもっと増やしていけたらと思います。

先輩からのメッセージ

自分が少しでも「やってみたいな」と思えたことがあるのなら、ぜひ躊躇せずにトライして頂きたいと思います。私は学生時代、医療にまつわる勉強をしてきたわけではありません。それでも入社後、先輩やお客様に支えられ、教えられ、今までやってこれました。大変なこともありますが、自分が興味あることなら、乗り越えられるはずです。

また、これは私がいつも気を付けていることですが、興味を持ったことや気になることがあったら、スグ人に聞くのではなくまず自分で納得いく答えを探すことも重要だと思います。今はネットで調べればスグに情報が拾える時代。でも、時に結論を急ぎすぎず、納得いくまで調べて考えることが自身の成長に繋がっていくのかなと考えています。

インタビュー動画はこちら